冷凍庫は節約術の便利なアイテム

空き箱を活用する節約術 食事の用意の手間や、食費の節約には、冷凍庫を賢く使用することがお勧めです。特売の冷凍食品を買うというだけでなく、毎日の暮らしで作る料理も冷凍庫を活用するだけで、総合的な節約術になります。買い物において、一番非効率な食材の購入方法が少量買いであり、一番効率の良い購入方法がまとめ買いです。一方、調理では少量でも大量でも火加減は変わりませんし、煮物なら煮える時間も一緒です。その都度食材を買って、少量ずつ調理していたのでは、食費も光熱費も時間も余分にかかってしまいます。煮物は大量調理後に冷凍保存すれば、それだけで総合的な節約になります。

また、じゃが芋などは、箱でまとめて買うことが最も安い方法ですが、長期間の保存ではすぐに芽が出てきてしまいます。そこでカレーやシチューや肉じゃがなど、共通の大きさに予めカットして、茹でて下ごしらえをした後、小分けして冷凍保存すると良いでしょう。ニンジンも同様にカット後に茹でて下ごしらえをしてから冷凍保存します。特売や箱買いの破格の値段の時に大量購入すれば、食費が節約できます。次に調理する時も下ごしらえが既に完了していますので手早く調理ができ、時間の節約にもなります。冷凍庫は賢く使えば食費だけでなく、光熱費や手間まで省ける、総合的節約術に貢献する便利なアイテムになります。

Copyright (C)2019空き箱を活用する節約術.All rights reserved.