お金を借りるときの節約術で借越

空き箱を活用する節約術 定期預金などにお金を貯金しています。高い金利で預けているので解約したくありません。こんな時にお金が必要になりました。必要になるお金のためには定期預金を解約すればなんとか支払うことはできそうです。しかしせっかくの金利が得られなくなります。そこで一般的なローンを利用することを考えました。審査などは必要になりますがすぐに借りることができるとのことです。年利10パーセントほどの金利ですがすぐに返済すればそれほど高くなりません。

お金を借りるときの節約術として、もっと低金利でお金を借りれる場合があります。それは借越ができる銀行です。定期預金などで一定の残額がある場合、それを担保として低利で借りれるようになっていました。すべての銀行でそのようなことができるかどうかはわかりませんが、特に設定をしていなくても自動的に利用できる場合があります。残高が5千円しかないのに1万円引き出すと引き出せます。5千円は借りている状態になっているのです。

金利自体は2パーセント程度ですから、金額が少なければ1日では金利がつかないこともあります。銀行によっては借越の設定を予めしておかないと使えないこともあります。金利も銀行によって高いところもあります。

Copyright (C)2019空き箱を活用する節約術.All rights reserved.